11月13日 はれ 17度

講師 kazu ムラッチ

初心者クラス 
プリントの説明中心、他のクラスの人も参考に

カズせんせからのアドバイス
◎シャッフル

足だけじゃなく腰で打つ

◎シャッフル シャッフル ボール ヒール

シャッフルのあとボールにのってヒールを落とす

シャッフルは横なので外側に円を描く様に、無理に大きく回さないでいいです、力を抜いて打つ方が大切です

◎横のシャッフルの4連

上半身をねじる様に

ブラッシュバックは、強く引かないで自然にあたる様に膝を持ち上げてやるくらい

この4連ができたら3連で前へ進む、シャッフルは横で出来るだけボールの先があたる様に。

◎横のシャッフル3連

ポイントは腰をしっかりのせて、腰でいく、足だけにならない様に

音をならすとき、足だけじゃなく上半身もしっかり使って

足首のコントロールを出来るだけ無くして、太ももの動きでコントロールする

◎前のシャッフル三連

出来るだけヒールアップして腰でバランスをとる

◎このクラスの目標

横のシャッフルの三連

シムシャム

ダブルシャッフルから始まるエクササイズ


kids

◎アップ

◎スタンプ

◎スティーブコンドスのトウトウヒールヒールのエクササイズ

ヒールのあとのトウをきちんと打つ為に、ヒールを強く
このトウを打つためにヒールの後ろのエッジに力をいれる

最後のヒールで重心をのせる

一つ一つの音をしっかり、重心の移動をしっかり

◎基礎1のエクササイズをやる、三連まで

シャッフルを打つとき、軸足のバネを使う

三連は片足の時もしっかりヒールアップ

◎クロスフロアでプルバック、セパレイト、マキシフォード

セパレイトは左からも

◎i want to 振り付け

タイムステップまで

タイムステップはシャッフルのあとのボールでリズムをキープする、そこのボールは強く

上半身を大きく使って

◎カズせんせから

みんな大人の人に負けないくらい上手くなってます、このまま頑張っていきましょう。

そして挨拶はしましょうね。

基礎1
◎スティーブコンドスのボールヒール

最後のヒールで重心をかえます


◎上のエクササイズの間にすべてヒールを打っていく

◎エクササイズの振り付け

三連のときしっかりヒールアップして、ボールの先の方があたる様にシャッフルをコントロール

シャッフルを軽く打つ、強くならない様に

シャッフルは重心が下がるとベタって音がでるので、上半身を高くして、シャッフルを打つ、そうすると、金具の先の方があたる様になり、高い音がでる

三連のときもっとヒールアップして、そしてシャッフルなしで、ボールのみで歩いてみる

軽く高い音を出しましょう

◎カウントの練習

リズムを循環される、リズムとは回っているもの
9拍子なら、9でまた戻ってくる
ただ行きっぱなしではなく、必ず循環させる
そのために、1&の&を必ず打つ様にするとか、自分で決める

リズムを考える時は円軌道で必ず戻ってくると考える
直線的に行きっぱなしではない

レッスンのステップを記憶するのに重点を置くのではなく、リズムを自分で創って行ける様に

基礎2
◎カウントの練習 基礎1と同じ

◎エクササイズの振り付け

横のシャッフルをハッキリ出すには、少ししゃがんで太ももに腰をきちんと落としてだす

◎シャッフルステップ シャッフルは横のもの

出来るだけ体を大きく使って

シャッフルの振り下ろす高さが、出来るだけ高くなるよう、ももを上げる、低いと音がべたっと鳴る、金具の先があたる様に高く

横のシャッフルは、ちょっと足首をかえす感じで回します
まっすぐでもいいけど、少し回した方が効率がいい

シャッフルを回すとき、ももとお尻の動きで回して、ひざ下は力を抜く

床に靴があたってるくらいの感じでいい、力を入れない

外から中へ

横のローリングさせたシャッフルを三連符で打つ練習


◎スカッフル<サード>

これは力を抜く練習でもある

◎ヒールのエクササイズ

ヒールにアクセントを入れるために出来るだけ上半身を高くして、ヒールアップを高くして、ヒールを落とす

◎ヒールのみ打ってみる

少し足を開いて立つ、そして腰をいれて、ボールで踏ん張ってヒールを落とす、ヒールアップは高く

◎フラップヒール
重心を左右に移動する、かなり左右に動く

フラップで踏ん張って、ヒールアップを高くしてヒールを落とす

◎opus

****************

自分で踊ってみた曲があったら、来週先生に言いましょう。

***************

最後に
今日、kidsのクラスで挨拶をきちんとしましょうと言われましたが、子供だけではなく、自分も含め大人が率先して挨拶をする様にしましょう。

僕の好きな浅草キッドの玉袋筋太郎さんも言っています。
『ややこしい世の中で、挨拶というパスポートさえ持っていれば、どこへ行ったって、誰と会ったって、君らはきちんとやっていけるよ、心配いらない』

美輪明宏さんも言っています
『人種、考え、文化が多様な世の中で、見知らぬ人同士が共存するのに必要な、最低限のルールが挨拶です、わたしはあなたの敵ではありませんと示す事が挨拶です』
[PR]
by sendai-tap | 2010-11-13 14:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sendaitap.exblog.jp/tb/14403778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


仙台出身の世界的タップダンサー熊谷和徳主宰Tap dance Art Project。東京のKaz Tap Studioより講師を招き、仙台で習えるリズムタップダンスワークショップレポートです。公式ホームページは最上部のロゴからどうぞ


by sendai-tap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
レッスン
Information
アウトリーチ
My Rhythm
その他
シリーズ よもやま話
未分類

最新の記事

旭丘小学校ワークショップ2日目
at 2017-06-14 16:24
旭丘小学校ワークショップ1日目
at 2017-06-13 14:53
熊谷和徳 公演開催 「打打打..
at 2017-05-23 10:00
熊谷和徳メディア出演情報 D..
at 2017-04-27 22:42
上原ひろみ×熊谷和徳 TOU..
at 2017-04-18 20:00

最新のコメント

apさま、ありがとうござ..
by sendai-tap at 22:42
高橋委員長さま 随分と..
by ap at 06:35
あ〜、私も残念ながら見れ..
by ap(仕事で行けなかった組2号) at 08:45
YouTubeの動画素敵..
by KY at 16:59
YouTubeでぽれぽれ..
by ap at 10:47

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

GOOD RHYTHM ...
TAPPERS RIOT...

タグ

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
アート・デザイン

画像一覧