このあいだのアクセントについて -Kaz

カウントで書くとワンエイトというのは2小節のことをいいます。英語ではTWO BARS. bar=小節です。

1&2&3&4&5&6&7&8

2&35&6&7&8&
赤い色が打ったところです。これが基本のパターンでした。
で、むずかしい最後の4番目のパターンは
2&&45&&78&1

ワンカウントが2つの音符で考えると(これなに音符っていう??)
|*|**|*|*|**|*|*|**|*

なんか規則的でカワイイ模様になりました!
これをワンの裏から3連でとらえるとわかりやすいかとおもいます。(最後だけワンは待って裏をうちます)


ちなみに自分はこのように音符としてタップの音を数えるようになったのは最近のことです。
気持ちのいいリズムって、やはりしっかりと音符にのっていて、しかもきちんと整列された音の粒とかんがえると、シャッフルなどのステップも気持ちが変わってくるような気がします。

それと同時に人間が生み出す譜面に書けないようなリズムってのもときにはぐちゃぐちゃな絵の具の絵のようでいいなあとおもうのです。

そしてもうひとつ。
赤字の打つパートだけがリズムをつくっているのではなく、休みの黒字パートも休符としてリズムの大事な要素なんです。そこを打たずに(ウン)と名付けると、そのウンの呼吸がリズムをつくっています!ウンを大事にしましょう。


荒井がくれたレナードバーンスタインの映像ですが、『音』って奥が深いなあとおもいますね。


[PR]
by sendai-tap | 2010-11-15 00:54 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://sendaitap.exblog.jp/tb/14407640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayako at 2010-11-15 23:43 x
こんばんは。
土曜のレッスンとても楽しかったです。

リズムのも、振りも、全然出来てないんだけど、ひとつひとつが新鮮でなんか楽しい。
なんだかわからないけど、なんか楽しいっていうのが、自分の中ではタップを続けてる理由のひとつなのかなって思います。

opusの振りは、難しいけど、曲にのってやると気持ちが盛りあがって楽しかったです。つい、にっこり。

それから、前に、時々カウントからはみ出して思い切り踏んじゃう人のステップを見て、ジャクソン・ポロックの絵みたいだなって思ったんですが、
それが、書かれていた「ぐちゃぐちゃな絵の具の絵のようでいいなあ」っていうのと重なって、こちらもにっこりしてしまいました。


仙台出身の世界的タップダンサー熊谷和徳主宰Tap dance Art Project。東京のKaz Tap Studioより講師を招き、仙台で習えるリズムタップダンスワークショップレポートです。公式ホームページは最上部のロゴからどうぞ


by sendai-tap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
レッスン
Information
アウトリーチ
My Rhythm
その他
シリーズ よもやま話
ジャズフェス
未分類

最新の記事

第2回セッション会開催!
at 2017-11-12 10:10
TAP the FUTURE..
at 2017-10-09 15:11
第27回 定禅寺ストリートジ..
at 2017-09-14 20:38
8/11 My Rhythm..
at 2017-08-31 13:17
第27回 定禅寺ストリートジ..
at 2017-08-13 13:00

最新のコメント

apさま、ありがとうござ..
by sendai-tap at 22:42
高橋委員長さま 随分と..
by ap at 06:35
あ〜、私も残念ながら見れ..
by ap(仕事で行けなかった組2号) at 08:45
YouTubeの動画素敵..
by KY at 16:59
YouTubeでぽれぽれ..
by ap at 10:47

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

GOOD RHYTHM ...
TAPPERS RIOT...

タグ

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
アート・デザイン

画像一覧