「ほっ」と。キャンペーン

『東北タップフェスでTAP THE FUTUREの舞台に立とう!』

全世界共通のタップの振付"シムシャム"をワークショップで覚えて
3月12日(日)に日立システムズホール シアターホールにて行われる
東北タップフェスのステージでデビューしましょう!

タップダンスをやってみたいけど教わる機会がない
初めてでついていけるか不安
とにかくやってみたいという方!!
年齢性別は問いません

【日程】
2月18日(土) 19時-20時30分
2月25日(土) 19時-20時30分
3月3日(金) 19時-20時30分

【内容】
タップダンスの振付"シムシャム"を覚えてステージデビュー

【会場】
2月18日 日立システムズホール 練習室1
2月25日 日立システムズホール 練習室4
3月3日 エルパーク仙台フィットネススタジオ

【受講料】 2000円
*ワークショップは2000円で何回でも受けられます
また、3日目のパネルディスカッション入場料も含みます

【申込・お問合せ】
1.お名前 2.連絡先 3.タップシューズのサイズ を明記し、
下記のTAP the FUTURE in SENDAI 事務局宛にご連絡ください。メール、電話どちらでも申込み可能です。

*タップシューズをお持ちでない方は希望サイズをお知らせください。シューズを無料でレンタルいたします!

TAP the FUTURE in SENDAI 事務局

質問なども受付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

b0193841_23312025.jpg


----------------------------------------------------------------

【熊谷和徳produce 東北タップダンス&アートフェスティバル 2017 】

b0193841_00060597.jpg
2017年3月10日・11日・12日開催


NYで活躍するタップダンサー、テッド・リービー、ジョゼット・ウィガン、ゲイブ・ウィンズの3名が来日決定!
日本屈指のタップダンサー(浦上雄次・細川慶太良 and more)も集結します


充実のワークショップも開催されるほか、

10日 ピーター・バラカンとの対談・TAP JAM SESSION
11日 集結した豪華メンバーによるタップダンスショー
12日 タップダンサーのパネルディスカッション
などバラエティーに富んだイベントも連日開催します。
 
世界から東北へ 東北から世界へ
 
震災6年目となる3月11日を含む3日間に
タップダンスを軸として展開するタップダンス&アートフェスティバル。
  
全国の皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!! 
 
『震災から6年の時間を経ても尚、いまだ震災の傷がのこる宮城において、

3月11日という日にタップダンスのフェスティバルを開催する意味はとても大きく、

世界のタップダンサー達と共に、その意味をしっかりとこの東北の地で共有できたら』


熊谷和徳



KAZUNORI KUMAGAI & TAP THE FUTURE in SENDAI Presents

東北タップダンス&アートフェスティバル2017


「Tap into The Light」


オフィシャルホームページ
http://www.kaztapstudio.com/top/titl2017.html


 
チケット発売中!!!
3日間通えるパスポートは限定枚数となります!お早めにご購入ください!
 
チケットぴあ《Pコード:634-429》
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do…
 
ローソンチケット《Lコード:21463》
http://l-tike.com/order/?gLcode=21463
 
イープラス
http://eplus.jp/…/T1U89P0101P006001P0050001P002211488P00300…
 
イズミティ21 / 日立システムズホール仙台 / 仙台三越 / 藤崎 / チケットGIP



[PR]
# by sendai-tap | 2017-02-09 23:28 | Trackback | Comments(0)

タップフェス特別企画『タップダンス Q&A』

こんにちは!
2017年もあっという間に1ヶ月経とうとしています。日が経つのは早いですね。
冷え込む日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
b0193841_23540276.jpg
TAP the FUTUREのレッスンは今週もフェスに向けて熱く盛り上がっています!
各クラス振付の練習も本格化してきました!
b0193841_23541786.jpg
今回のブログではタップフェスの開催にあわせて『タップダンスQ&A』を企画しました!

TAP the FUTUREのみなさんが普段思っている、タップにまつわる疑問をカズさんに質問してみました。
タップダンスに対する知識を深めていく良いきっかけにしましょう~!

早速いってみましょう!


Q1
Steve Condosのエクササイズなど、マスターが作ったルーティンやエクササイズはどのような目的で作られ、レッスンに取り入れられているのですか?
練習を続けることがどのようなことに繋がりますか?

A1
エクササイズは単にステップそのものを覚えることが目的ではなく、繰り返しやって身体が覚えていくこと(足の脱力ができていくこと)でタップに必要な重心や身体の使い方も身に付けることを目的としています。足運びが自然に身体に入ってくるようになることでインプロの基本につながっていきます。

-----------------------------------------------

Q2
タップを踊っているとき、ダンサーの視線はどこを見ているものなのでしょうか?
また、どこに意識して踊っていますか?

A2
これはタップダンスがエンターテインメント無いのかというところにも深く関わるかもしれません。
そしてその踊っている場所が舞台なのか、ジャズクラブなのかストリートなのかでも違うと思います。

先日行ったセビアングローバーのブルーノートでのショウでは一度も彼はお客さんを見ていなかったです。
視線の先はミュージシャンとのアイコンタクト、もしくは空を見上げているかのようでした。
かと言って彼のパフォーマンスの全てがそうなのではなくてブルーノートでは「音」に全意識が集中していたのではないかとおもいます。

自分自身も、ショウによっても変化しますが、即興で踊っている時は全意識をリズムに集中しているので目を閉じる時もあります。
目を閉じると、余計な意識がなくなり本当に自分の中で出したい音に集中できるからです。
タップダンサーがエンターテイナーとして、笑顔でお客さんを見て踊らなくてはいけないという考え方はいまだショウビジネスの世界にありますが、グレゴリーハインズ以降、タップダンサーもミュージシャンと同じように音や感情を表現することを大事にする上でより自然に、ありのままで良いという考え方が主流になってきていると思います。

特に黒人のタップダンサーやエンターテイナーにとって、昔は顔を黒く塗ってしか舞台に上がれなかったり、
道化的にならざるえなかった時代があり、どのような意識で踊るかということは現代でもみんな大切に考えていることだとおもいます。

そしてそれぞれが思い思いに今は自分のチョイスで踊れるのだと思います。
そういう事を意識して時代を遡ってあらゆるジャンルのエンターテイナーをみていくと、ルイアームストロングとマイルスでは確実に演奏しているときの表情はまるで違うし、その姿が時代を反映しているとも言えるのかなと思います。

ただ生徒さんが踊っているのを見ると緊張して顔がこわばっていることが多いので、自分のダンスに意識を集中していくと自然と楽しさから笑顔がこぼれて、見ている人も楽しいと思えるのかなあとおもいます。
基本ステージの上で踊っている人の視線の先や感じている感情はお客さんとシンクロしていくものだと僕も思っています。

-----------------------------------------------

Q3
ジャズのスウィングにあわせるのが苦手な場合、良い練習法はありますか?
どこにポイントをおいて聴いていくと良いでしょうか?
また練習や入門にお勧めのジャズナンバーなどもあれば教えてください。

A3
まず音楽の理論を理解するのも大事かとおもいます。その上で、音楽に乗る感覚を覚えるのには、まず踊ってみるのはすごく良いと思います。
そこからタップにつなげていくときには具体的にはカウントの4を常に頭に感じるような練習をすると良いと思います。実際ジャズの曲を聴いて4をあたまに感じながら踊ってみる事ですね。

Jazzについて興味を持つきっかけはマイルスから入るのが分かりやすいです。
練習にはoleoとかを聴くのが良いと思います。だいたいジャズミュージシャンがセッションするときに良く使われる曲です。
いろんなひとが色んな形で演奏しているので、その違いを聞き分けるのも良いと思います。

-----------------------------------------------

今回は生徒さんからの質問3つにお答えいただきました!

カズさんはどの質問にも丁寧に、かつとても深い所までお話してくれました!
普段のレッスンでもなかなか聞くことのできない、非常に貴重なお話でした。

Q&A第二弾も企画中!
レッスンについて疑問の解決や、タップダンスの文化について勉強していきましょう!

カズさん、お忙しい中ありがとうございました!

----------------------------------------------------------------

【熊谷和徳produce 東北タップダンス&アートフェスティバル 2017 】
b0193841_00060597.jpg
2017年3月10日・11日・12日開催


NYで活躍するタップダンサー、テッド・リービー、ジョゼット・ウィガン、ゲイブ・ウィンズの3名が来日決定!
日本屈指のタップダンサー(浦上雄次・細川慶太良 and more)も集結します


充実のワークショップも開催されるほか、

10日 ピーター・バラカンとの対談・TAP JAM SESSION
11日 集結した豪華メンバーによるタップダンスショー
12日 タップダンサーのパネルディスカッション
などバラエティーに富んだイベントも連日開催します。
 
世界から東北へ 東北から世界へ
 
震災6年目となる3月11日を含む3日間に
タップダンスを軸として展開するタップダンス&アートフェスティバル。
  
全国の皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!! 
 
『震災から6年の時間を経ても尚、いまだ震災の傷がのこる宮城において、

3月11日という日にタップダンスのフェスティバルを開催する意味はとても大きく、

世界のタップダンサー達と共に、その意味をしっかりとこの東北の地で共有できたら』


熊谷和徳



KAZUNORI KUMAGAI & TAP THE FUTURE in SENDAI Presents

東北タップダンス&アートフェスティバル2017


「Tap into The Light」


オフィシャルホームページ
http://www.kaztapstudio.com/top/titl2017.html


 
チケット発売中!!!
3日間通えるパスポートは限定枚数となります!お早めにご購入ください!
 
チケットぴあ《Pコード:634-429》
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do…
 
ローソンチケット《Lコード:21463》
http://l-tike.com/order/?gLcode=21463
 
イープラス
http://eplus.jp/…/T1U89P0101P006001P0050001P002211488P00300…
 
イズミティ21 / 日立システムズホール仙台 / 仙台三越 / 藤崎 / チケットGIP


[PR]
# by sendai-tap | 2017-01-25 10:00 | レッスン | Trackback | Comments(0)

レッスンレポート 2017-01-14 東北タップフェス 集中レッスンデー

新年あけましておめでとうございます。
今年もTAP the FUTURE in SENDAIをどうぞよろしくお願いいたします。
雪も積もり寒さも本番、みなさん体調管理など十分お気をつけくださいね!

今週のレッスンは3月に開催される『東北タップフェス』に向けた決起集会、集中レッスンデーでした。
b0193841_23312172.jpg
荒井先生の通常レッスンに加えて、むらっち先生と雄基先生による特別レッスンが開催されました。
3人の先生によるスペシャルレッスン、みんなフェスに向けてのレベルアップを目標に気合十分です!
b0193841_23432023.jpg
集中レッスンはクラスごとに3連やフラップ、タイムステップなどの基礎ステップを中心に行なわれました。
1時間かけて、同じステップを繰り返し練習していきます。
b0193841_23441076.jpg
レッスンの後は座談会を開催、フェスに参加されるNYのゲストタップダンサーの映像鑑賞も行なわれました。
なかなか見ることのない海外タップダンサーの映像にみんな見入っていました!

先生方や実行委員スタッフの想いなども語られ、ますますフェス開催への期待が高まります!
b0193841_00291444.jpg
休憩中の1コマ。
みんな仲良くフェスの話題で盛りあがっていました!
b0193841_00294498.jpg
レッスン終了後はどんと祭が行なわれている大崎八幡宮へ。
みんなでタップの上達と、フェスの成功を祈願してきました!
b0193841_00322934.jpg
b0193841_00315816.jpg
参加したみんなで記念写真。
長丁場のレッスン、みなさん1日お疲れさまでした!
TAP the FUTURE!!

----------------------------------------------------------------

【熊谷和徳produce 東北タップダンス&アートフェスティバル 2017 】


2017年3月10日・11日・12日開催


NYで活躍するタップダンサー、テッド・リービー、ジョゼット・ウィガン、ゲイブ・ウィンズの3名が参加決定!
日本屈指のタップダンサー(浦上雄次・細川慶太良 and more)も集結します


充実のワークショップも開催されるほか、

10日 ピーター・バラカンとの対談・TAP JAM SESSION
11日 集結した豪華メンバーによるタップダンスショー
12日 タップダンサーのパネルディスカッション
などバラエティーに富んだイベントも連日開催します。
 
世界から東北へ 東北から世界へ
 
震災6年目となる3月11日を含む3日間に
タップダンスを軸として展開するタップダンス&アートフェスティバル。
  
全国の皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!! 
 
『震災から6年の時間を経ても尚、いまだ震災の傷がのこる宮城において、

3月11日という日にタップダンスのフェスティバルを開催する意味はとても大きく、

世界のタップダンサー達と共に、その意味をしっかりとこの東北の地で共有できたら』


熊谷和徳
 
KAZUNORI KUMAGAI&TAP THE FUTURE inSENDAI Presents

東北タップダンス&アートフェスティバル2017
「Tap into The Light」

オフィシャルホームページはこちら↓↓
http://www.kaztapstudio.com/top/titl2017.html
 
チケット発売中!!!
3日間通えるパスポートは限定枚数となります!お早めにご購入ください!
 
チケットぴあ《Pコード:634-429 初日特電:0570-02-9939》
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do…
 
ローソンチケット《Lコード:21463 初日特電:0570-084-623》
http://l-tike.com/order/?gLcode=21463
 
イープラス
http://eplus.jp/…/T1U89P0101P006001P0050001P002211488P00300…
 
イズミティ21 / 日立システムズホール仙台 / 仙台三越 / 藤崎 / チケットGIP




[PR]
# by sendai-tap | 2017-01-17 11:30 | レッスン | Trackback | Comments(0)


仙台出身の世界的タップダンサー熊谷和徳主宰Tap dance Art Project。東京のKaz Tap Studioより講師を招き、仙台で習えるリズムタップダンスワークショップレポートです。公式ホームページは最上部のロゴからどうぞ


by sendai-tap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
レッスン
Information
アウトリーチ
My Rhythm
その他
シリーズ よもやま話
未分類

最新の記事

『東北タップフェスでTAP ..
at 2017-02-09 23:28
タップフェス特別企画『タップ..
at 2017-01-25 10:00
レッスンレポート 2017-..
at 2017-01-17 11:30
TAP the FUTURE..
at 2016-12-31 16:44
熊谷和徳ストリートパフォーマ..
at 2016-12-31 13:30

最新のコメント

apさま、ありがとうござ..
by sendai-tap at 22:42
高橋委員長さま 随分と..
by ap at 06:35
あ〜、私も残念ながら見れ..
by ap(仕事で行けなかった組2号) at 08:45
YouTubeの動画素敵..
by KY at 16:59
YouTubeでぽれぽれ..
by ap at 10:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
more...

外部リンク

お気に入りブログ

Hoofin' Is M...
TAPPERS RIOT...

タグ

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
アート・デザイン

画像一覧