カテゴリ:レッスン( 104 )

Michelleが仙台に来てくれた!その1 Welcome Party編

b0193841_233777.jpg

少し前のお話になってしまいますが、Kazさんの凱旋公演「DANCE TO THE ONE」の翌週のお話を。

公演にはNYよりゲストタップダンサーとしてMichelle Dorranceさんが出演されましたが、そのMichelleさんが仙台にやって来てくれました。
TAP the FUTUREにとって初となる海外、それも本場NYからのお客さんです!

今回は第1弾として、まず、1月24日夜にForstaにて開催されたWelcome Partyの様子を、京子さんと原さんに感想を交えてレポートしてもらいます。

まずは京子さんのレポートです。

----------------------------------

Welcom party当日、Kaz先生とミシェルさんを待ち侘びる店内に自然と拍手が沸き起こりました。
Kaz先生とミシェルさんが到着したのです。Kaz先生はいつもの穏やかな表情で、ミシェルさんはキュートな笑顔で、一瞬で参加者の心を鷲掴みにしました。お忙しいのに早くから駆けつけていただいてありがとうございました。

初めはドリンクとオードブルで歓談タイム。お二人の周りには東京公演の感激を伝えようと人の輪が出来ました。また、ミシェルさんはシャイな子供たちにも自ら話し掛けて下さいました。子供達は固まりつつも初めての生の英会話の相手がミシェルさんという、何とも贅沢なひと時でした。

店内には期待感が高まり、ついにライブの時がやって来ました。KTSの先生方に始まり、Kaz先生、そしてついにミシェルさん。あのスレンダーな身体のどこにそんなパワーがあるのでしょうか。しなやかな女性らしい動き。だからこそやさしい音からパンチのある音まで、自在に紡ぎ出されるのでしょう。Kaz先生とミシェルさんのセッションも軽やかで時にコミカルな動きも取り入れて大変楽しいものでした。あまりの楽しさに小さなかわいらしい女の子も飛び入り(?)参加。ミシェルさんは優しく女の子とセッションを楽しまれました。

和気あいあいとした楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

ミシェルさん、日本に、仙台に来て頂きありがとうございました。
Kaz先生、帰国後、公演や過密スケジュールの中、私たちにNYで得たものを届けて下さり、そしてミシェルさんを仙台TAP the FUTUREに引き合わせて頂きありがとうございました。

また、当日は、おいしいお料理とステキな空間を提供して頂いたForstaさん、ありがとうございました。
名物カレーを食べ損ねたのだけが心残りです。

b0193841_2365787.jpg

--------------------------------
続いて、原さんのレポートです。
--------------------------------

初心者クラスの原です。

カズさんの東京公演の興奮冷めやらぬうちに、ミシェルさんのウェルカムパーティに行ってきました!!

場所は、ワインと多国籍料理のレストランバーファシュタさんでした。

私がお店に到着した時には、既にみなさんドリンクを片手に会話が弾んでいる様子でした。ミシェルさんやカズさんを囲んで話をしたり、写真を撮ったり、それぞれがパフォーマンスまでの時間を楽しんでいました。私もミシェルさんとほんの少しだけお話させてもらいました。とは言っても、ミシェルさんが覚え立ての日本語で話しかけてくれて、私はうなずくので精一杯だったのですが(汗)

お酒も回って、場の雰囲気も温まってきたころいよいよライブがスタートしました!我らがムラッチ先生、荒井先生、東京のイノッチ先生、そしてタップザフューチャー期待の星、あまね君のパフォーマンス。伝わってくる緊張感や、互いのパフォーマンスに刺激を受けてどんどん熱くなっていく感じは、ライブならではで、ワクワクゾクゾクする感じでした。

そしていよいよカズさんとミシェルさんのパフォーマンス!カズさんの身体の内側から生み出される音と動き、ミシェルさんのダイナミックで美しいダンス、目の前でのパフォーマンスに、圧倒されました。タップの音が激しくなり、場が熱いエネルギーでいっぱいになっていき、見ている私達のテンションも上がっていったのですが、カズさんとミシェルさんが作り出す空気は、どこか静かでとても繊細な感じがしました。お互いが、全身で??耳を澄ませているような(全身を耳にして??いるような)…目に見える動きや、実際に聞こえる音はもちろん、それ以外のもの全てを受け取ろうとしているかのようなそんな感じを受けました。私の未熟な日本語では表現しきれないというのが正直なところですが、間近で観たお二人のタップにいろいろな感情や感覚が刺激されました。

最後は、山川さんの即興演奏と共に、みなさんの渾身のタップ、笑顔のタップが溢れました。勇気あるコットン隊長がそうそうたるメンバーの中に参戦する一幕もあり、見ている側も一帯となって盛り上がりました。

1月は、東京公演に始まり、この日のパーティー、そして翌日のワークショップと盛りだくさんな一ヶ月でした。そして受け取りきれないぐらいの刺激を受けました。間近に迫るマイリズムに何か少しでも活かせたらと思います!

----------------------------------

京子さん、原さん、ありがとうございました。
パーティーの様子が目に浮かぶようです。 

海外からのお客さんが日本に来ても、なかなか仙台まで足を伸ばしてくれることはありません。

ということで、まずは、仙台のTapシーンにとって画期的な、そして、最高の一夜のお話でした。


見たかったな・・・(涙   ( ← 仕事で行けなかった組のコメント )

b0193841_234253.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2014-02-06 23:10 | レッスン | Trackback | Comments(1)

Kazさん帰国! レッスンレポート 2013-12-07

b0193841_21263785.jpg

とうとう待ちに待っていた日がやってきました。

NYへの海外研修から帰国したばかりのKazさんが約1年ぶりに仙台のレッスンに来てくれました。

帰国したのはなんと前日!長旅でお疲れだったと思いますが、初心者クラスが始まってすぐにスタジオに駆けつけてくれました。
静か~~に、さりげな~~くの登場でした。

昨年の秋以降に入会した生徒さんたちは始めてのご対面なんですよね。
きっと待ちに待っていた瞬間だったと思います。

挨拶も早々に切り上げ、早速レッスンに。
コールアンドレスポンスに始まり、ボール・ヒール、クランプロールなどの基礎練習、自然な流れでビートの利いたショートコンビに挑戦、さらにはみんなのバッキングに乗せてのインプロ回しへ、と、流れるようなレッスンでした。

Kazさんが踏むのを見る生徒さんたちの熱い視線。
b0193841_21373423.jpg

はじめたばかりのKidsたちもマジックでも見ているかのような表情でした。
b0193841_21381092.jpg

休憩時間には先生方でインプロ回しも。なつかしい風景です。
b0193841_21391950.jpg


せっかくなので、Kazさんに初めてご対面した新人・阿部さんに、Kazさんのレッスンの感想を寄せてもらいました。

----------------------------------------------

はじめまして。初心者クラスの阿部と申します。

タップを始めて約半年、NYからお帰りのKazさんに初めてお会いすることができました。
ウォーミングアップの途中でふら~っといらして立っていた方がまさかKazさんだとは気づかず、初めは驚きました。
あまりに自然に、普通に立っておられて・・・(笑)

そんな第一印象は、タップ板にのったKazさんを見た瞬間に一変しました。
まだタップをはじめたばかりで右も左も分からない私ですが、
そんな私でも感じた、すごい勢いというか覇気というか…。何だか中身がいっぱい詰まった音だな、と思いました。
先生方がよく「きちんと踏み込んで音を出す」とおっしゃいますが、きっとこの音のことを言っているのだ、とレッスン中一人で妙に納得していました。

今日のレッスンはコール&レスポンスから始まり、残りの時間で基本的なステップを一つ一つ教えて頂きました。
初めてKazさんのタップを聴き、普段私たちが練習している単調なステップでも、組み合わせや音の強弱で幾通りもの「音楽」が出来るのだ、と実感しました。
私たち初心者は知っているステップの数も少なく、ついつい表現も乏しくなってしまいがちです。
ですが、少ないステップの中でも表現は出来る!ということを、改めて教えて頂いた気がします。

短い時間ではありましたが、Kazさんから溢れ出てくる数々のリズムを肌で感じながらのレッスンは、本当に贅沢な時間でした。
今日自分が見たもの感じたものをしっかり心に焼き付けて、これからの練習に生かしていけたらと思います。
帰国直後のお忙しい中、今日は本当にありがとうございました。

----------------------------------------------

阿部さん、ありがとうございました。とてもいい体験になりましたね。
是非、今後の練習に活かしてください。

Kazさん、帰国直後のお疲れのところ、全クラスでレッスンしていただき本当にありがとうございました。

ちなみに翌日は東京に戻ってワークショップでした。帰国早々、本当にお疲れ様でした。

b0193841_21512181.jpg

2月の公演に向けた練習も着々と進んでいます!
[PR]
by sendai-tap | 2013-12-09 22:03 | レッスン | Trackback | Comments(1)

レッスンレポート 2013-11-23

11月23日は勤労感謝の日。しかし、土曜日ではありがたみがありませんね。
お医者さんなどもお休みで、むしろ不便を感じる人も多いのでは。 もったいない・・・

と、ぼやきはこれくらいにして。

この日は、ビジターで2人の方が参加してくれました。なんとお二人とも外国の方!
ということで、TAP the FUTURE、いよいよもってInternationalな展開でした。

まず、初心者クラスに体験で来てくれたサユンさん。
この秋に韓国から仙台にやってきたばかりの留学生さんで、初心者クラス・よしだ丼のお友達です。
初挑戦のタップ、いかがでしたでしょうか?
b0193841_2125582.jpg


そして、もうおひと方は、お隣の福島から参加してくれたレイシーさんです。
日本に来て2年ほどになるそうです。
母国アメリカで長いことタップをやっておられたそうで、とてもクリーンできれいな音でした。
日本でも是非タップをやりたい、ということで今回参加してくれました。
福島でも南の方とのことで、遠路はるばるありがとうございました。
b0193841_21301321.jpg


さて、各クラスでは、2月の公演に向け演目の練習が始まっています。
各クラス、公演に向けて新作の振り付けに挑戦します。
b0193841_21392719.jpg

教える先生の側も準備が大変で、ムラッチ先生、荒井先生とも早めに来て準備してくれていました。
ちなみにパソコンの画面は一平先生の振り付け動画でした。

公演でしっかり自分の表現ができるよう、いい準備をしていきましょう。それでは、また!

b0193841_21521515.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2013-11-25 22:01 | レッスン | Trackback | Comments(0)

レッスンレポート 2013-11-02

b0193841_2146567.jpg

とうとう11月に入りました。今年も残り2ヶ月。本当に早いものです。
今週は、安達雄基先生が来てくれました。ほぼ月1回ペースで3回目の登場になります。
もうファミリーですね(笑)

さて、今週一番のトピックは、またまた新しい仲間が増えたことです。
それも、最年少記録を大幅に更新する、保育園(幼稚園?)の年長さんです。
基礎クラスのソウタロウ君の弟、ユヅキ君です。

実はユヅキ君、以前に、名取こどもミュージカルで行った出張ワークショップや、この春の無料体験レッスンに参加してくれていて、このブログでも紹介したことがあります。

その頃は、来春の小学校入学のときにはじめるかも、というような感じでしたが、「タップをやりたい」と気持ちが固まり、緊急スクランブル参加となりました。
参加希望の連絡も前日でしたからね(笑)

初日はシューズの準備が間に合わなかったので、出前授業などで使っている金具をテープで止めたシューズでの参加となりました。
(ちなみに冒頭の写真で、おとなりの長老様もめずらしいシューズですがそれは後ほど)

初心者クラスの他のみんなと一緒に基礎練習を終えた後、ジュンセイ君と2人、個別にShim Shamを練習しました。
ユヅキ君は今年2月の名取WSでShim Shamを一度練習してはいるのですが、それをかなり覚えていたのには正直、驚きました。
b0193841_22151513.jpg

歳の近いジュンセイ君と二人でいっしょに踏んだり、交代でトレードしながら踏んだりと、レッスン後半では初日とは思えない内容の練習になってました。
b0193841_22154721.jpg

雄基先生いわく、「動のジュンセイくん、静のユヅキくん」 
タップって個性がでるんですよね。特にお子さんは。

ジュンセイ君も、毎週、新しいパートに挑戦して順調にクリアしています。
振り付けに慣れてきて、打ち方もよくなっていると思います。
b0193841_22241722.jpg

b0193841_22211874.jpg

二人ともタップを踏んでいるときの集中したいい表情がとても印象的でした。
今後が楽しみです。
b0193841_22273991.jpg


おまけ:

今週は、タップシューズを忘れたツワモノが、なんと2人もいました!
「どこでも いつでも タップ君」とか言ってないで、よろしくお願いしますね、長老様。
ユヅキ君用に買ってきた金具の余りがあったからいいようなものの・・・
b0193841_22283956.jpg

ちなみに、出前授業などでは、L型とT型のとめ金具をそれぞれつま先とかかとに養生テープで貼り付けて、簡易タップシューズにしてます。
ただ、元気のいいお子さんなんかだとすぐ取れちゃうので改良策を検討してます(汗
[PR]
by sendai-tap | 2013-11-04 22:48 | レッスン | Trackback | Comments(0)

第2回 TAP動画を楽しむ会!

b0193841_2123482.jpg

こんばんは。

先日、Cafe KHADIさんにて開催した第2回タップ動画を楽しむ会の様子について、基礎クラスの小野寺君のレポートです。

小野寺君は今回の会のために解説パンフも作ってくれました。それではどうぞ!

-------------------------------------------------------------------------

 先日、TAP the FTURE第2回TAP動画を楽しむ会が行われました。参加した皆さん、いかがでしたでしょうか。純粋に映像を楽しむも良し、今後のタップライフのヒントを得るもよし、お店の雰囲気を味わうも良し、フードとドリンクに舌鼓をうつも良し、いろんな楽しみ方ができますね。

 今回、私は命を受けて資料作成をお手伝いさせていただきました。資料はけっこう簡単に出来ちゃうんじゃないかなと思っていましたが、ネット上で情報を検索してみると情報源が英語ばかり。辞書で単語の意味を調べながらなんとかわかる範囲で日本語に翻訳してはみましたが、適切な訳ではなかったかもしれません。皆さん、嘘書いてたらゴメンナサイ。

 さて、第1部は「TAP DOGS~LIVE in LONDON~」を鑑賞しました。映画の「TAP DOGS」は過去に一度観たことがあり、私にとってはタップに興味を持つきっかけにもなった作品でもあります。LIVEを観たのは初めてだったのですが、オーディエンスとの掛け合いなどはLIVEならではといった感じでした。また、ショートパンツに上半身裸のお兄さんたちの身体が筋骨隆々なのが印象的でした。タップダンサーの裸は今まであまり見たことがなかったのですが、みんなあんなにマッチョなのでしょうか。TAP DOGSでは色んな道具を使うのが特徴で、鉄板、はしご、階段、水、電子音が鳴るパッドなどを使っていて、ダンスに留まらない感じがしました。個人的には、観るぶんには大味で楽しいけど、自分がやるならやっぱり板の上でシンプルなタップがいいなと思いました。

 続いて、第2部では荒井先生がセレクトした動画を観ました。正直、私が作った資料だけではかなり情報不足だったのですが、荒井先生の情報量が豊富なので全く問題ありませんでした。「この人はSavionのいとこで」とか「女好きで」とか「めちゃくちゃいい人で」とか、直接タップには関係ないワイドショー的な情報まで、「どこからそんな情報を?」と思ってしまうくらいいろんな情報がありましたが、時代の移り変わりとともにタップのトレンドが変わっていく様子などについて説明していただき、流石の解説でした。自分1人で動画を観ても違いがよくわからなかったりするのですが、解説が入ると「なるほど」と思うことが沢山ありました。ソフトなタップ、パワフルなタップ、疾走感のある感じ、メロウな感じ、テクニック重視、音楽性重視等々、人によって違いがあったり、同じタップダンサーでも時期によって変化がしている様子がわかりやすかったです。また、Savionとカズさんを横から撮影した映像を見比べると2人の姿勢がまったく一緒で、タップに理想的な姿勢、特に体幹の重要性がとてもよくわかりました。

 第2部ではこれまで観たことのない色んなタップダンサーの動画を観ました。SavionとJasonは以前から知っていて、特にJasonのタップは見た目の派手さがあってカッコイイなと思っていましたが、今回Omarのタップを初めて観て、「軽妙」、「陽気」という言葉が合いそうな、どこかラテン的な感じがすごく気に入りました。これからしばらくマイブームになりそうです。そして、いろんな映像を観て、沢山練習して、早く自分も颯爽とタップが踏めるようになりたいと思った仲秋の候でした。

 今回も第1回に引き続き、素敵な空間と美味しいキッシュ等々のフード&ドリンクを提供していただいたCafe KHADIの青山さん、動画のピックアップと解説をしていただいた荒井先生、機材やDVDの準備とMCやPCの操作など何から何まで取り仕切っていただいた孝輔さん、プロジェクターを貸していただいた長谷野さん、お菓子等の差し入れをいただいた方々ありがとうございました。

小野寺

-------------------------------------------------------------------------

熱の入ったレポート、そして、資料作りなど、いろいろとありがとうございました。
また、会の実現にご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました。

今回、Omar Edwardsに興味を持った方は小野寺君以外にも多かったようです。

今はYou tubeでいろんなTAPダンサーの動画を観ることができます。
自分のお気に入りのHooferを探したり、練習の参考にしたりしてください。

それではまた!

-------------------------------------------------------------------------

おまけ(その1) 

KHADIさん特製 リンゴたっぷりのタルト。紅玉リンゴの酸味が効いててとてもおいしかったです。
この季節限定のメニューだそうです。ありがとうございました!
b0193841_21361220.jpg


おまけ(その2)

もうみなさんお気づきだったとは思いますが、いちようタネあかし。
マスクと中身があまりかわらないという声も・・・
b0193841_21381926.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2013-10-29 21:49 | レッスン | Trackback | Comments(4)

レッスンレポート 2013-10-26

b0193841_2137287.jpg

今週は、東京の先生方が公演で都合がつかなかったため、荒井先生のレッスンでした。

さて、下期のスタートにあたり、上のクラスへの昇格をかけたチャレンジテストを行ってきました。
これは生徒さんのスキルアップと、新メンバーの参加によりクラスの活性化を図ることを意図したものです。

冒頭の写真のお3方は、晴れて一番上の応用クラスに昇格した方々。
写真左から国分さん、松木さん、そして、野本さんです。
(ちょっと不思議な雰囲気の写真になってしまいました。失礼 m(_ _)m )

応用クラスもこれで11人になりました。
中学生4人が部活動などで来られないことが多いので、とにかく少人数のクラスでした。
若手が増えて、また新しい雰囲気ができそうな期待感があります。
実務面でも、レッスン終了後のコンパネ板片付け要員が増えて助かるんですよね(笑)
いやー、本当に大変な週もありましたからね(汗)

今年から導入したチャレンジテスト。最終的に初心者から基礎と、基礎から応用がそれぞれ3名ずつでした。
この体制で年度末の公演「My Rhythm」に向けてがんばっていきたいと思います。

b0193841_22203557.jpg

レッスンの方は、基礎練は、体の力を抜いて軽く打つ練習、また、体重移動をしっかり行い、力ではなく体重を乗せてヒールにアクセントをつける感覚を養う練習を重点的に行いました。
足首などに力が入ってしまったり、打ちすぎたりすることの修正を狙ったものです。

振付は、初心者クラスは発表会向けのものを、基礎クラスや応用クラスではTed Levyの振付を練習しました。
Ted Levyの振付は、比較的シンプルですが、その分、体を大きく使ったり、ステップで大きく移動するなど、大きく踊ることをしっかり意識したい練習メニューです。
今後も荒井先生の単独レッスンの機会があれば、続きをやっていくそうなので、まずは習ったところをしっかり習得しましょう。


レッスン終了後には、今年2回目となるTAP動画鑑賞会をCafe KHADIさん貸切りで開きました。
その様子は後日詳しくレポートしたいと思います。

KHADIさん、わざわざHalloweenモードにデコレーションしてくれました。
b0193841_2159384.jpg

この日はとにかく荒井デー。
レッスン3コマを一人で切り盛りし、動画鑑賞会で解説し、さらにエクストラ(?)と大活躍の一日でした。
どうもお疲れ様でした。それではまた!
b0193841_22069.jpg

ん?
[PR]
by sendai-tap | 2013-10-27 22:17 | レッスン | Trackback | Comments(0)

レッスンレポート 2013-10-19

b0193841_2228312.jpg

今週は再び安達雄基先生が来てくれました。

KTSのいろいろな先生のレッスンが受けられるのも、TAP the FUTUREの大きな魅力です。

今回は、シンプルだけどためになる基本ステップに加え、これからのシーズンに打ってつけの振付を基礎クラスと応用クラスで教えてくれました。
まさかの選曲でした!ネタバレになるのでここでは内緒に・・・
b0193841_22305293.jpg

そういえば、雄基先生のシューズが新しくなってました。

ハートの刺繍が目を引くこのシューズ、「So Danca(ソダンサ)」というメーカーのシューズだそうです。
9月に来てくれた時の赤いシューズも「So Danca」でした。

ブーツタイプはかっこいいですね。あこがれます。


さて、今週、印象的だった方をピックアップしてみたところ、最年長と最年少のお二人になりました。

こちらは長老様。黄色い巻物(?)がおしゃれだったのでつい一枚。
いつも早めに来て、台車運びなどから手伝ってくれます。いつもありがとうございます。
b0193841_2237169.jpg

一方、最年少、小2のジュンセイくんは今週もShim Shamに挑戦。
ついに最初のセクションをクリアしました。
Shim Shamやってる時の集中力はすごいです。そして、ものすごく楽しそうです。
b0193841_22394028.jpg

いろんな世代、いろんなキャラのみんなが集まって、それぞれのスタンスでタップを楽しんでいる、それがTAP the FUTUREなんだというのを改めて実感しました。


さてさて、今週は、アウトリーチ活動として、東二番丁小学校にお邪魔します。
1・2年生のみんなとタップを楽しんできます。
小学校訪問は初めてのこと、またもや新たなチャレンジです。
[PR]
by sendai-tap | 2013-10-21 23:01 | レッスン | Trackback | Comments(0)

久しぶりのレッスンレポート

b0193841_2211864.jpg

しばらくサボってましたが、レッスンレポートです。

このところ、荒井先生のテンションがかなり高気圧です。
おかげでレッスンの方は、まじめに要所を押さえつつも、笑みの絶えないとても楽しい時間となってます。
冒頭の写真は9/28のレッスンでの1コマ。
声全開に張り上げてなので、毎回、3レッスン終わる頃にはかなり喉にくるようです。
いつもありがとうございます!

上半期終わりのこの季節、上のクラスを目指したチャレンジテストも行いました。
10名近くの人が上のクラスを目指してチャレンジしてくれました。
今のところ、初心者から基礎に上がった方が2名、基礎から応用に上がった方が1名という状況です。
チャレンジテストは、自分のいいところ、悪いところを細かく指摘してもらえる機会なので、とても参考になります。
今回残念だった方、また次の機会にチャレンジしてください。

そしてこの日、レッスン終わった後には、来年2月の期末公演の打ち合わせも・・・
終電間際までcafeにて構想や検討事項を話しました。
b0193841_22144445.jpg

翌週の10/5は、先にレポートしたとおり、午前中に岩沼西中学校にアウトリーチ活動ということで出張WSに行ってきました。
ボランティア参加してくれた初心者クラスの方は、とんぼ返りで仙台に戻り、お昼もゆっくり食べられずにレッスンでした。
どうもありがとうございました。

b0193841_2224189.jpg

10月に入って新しい仲間も2人増えました。2人とも秋の無料体験に来てくれてた方です。

その1人、ジュンセイ君はまだ小学校2年生。ジャズフェスを観て興味を持ってくれたそうです。
参加は来月までですが、それでもやりたいと参加してくれています。
汗だくになりながら夢中でがんばる姿がとてもいい感じです。

b0193841_22281811.jpg

10/12には久しぶりに遠く山形から参加している辰郎さんが来てくれました(左端のエンジのTシャツ)。
来月、晴れてご結婚されるということで、この日は辰郎さんをセンターにして、みんなでタップメッセージビデオを撮影しました。
辰郎さん、おめでとうございます!どうぞお幸せに!
b0193841_22451715.jpg


というところで、この半月ほどを振り返ってみました。


ところで、遅ればせながら、TAP the FUTUREのFacebookページ作ってみました。

コンテンツはまだこれから、という状況ではありますが、よかったらそちらものぞいて見て下さい。
Facebook、いまいち理解できてないので、運営をお手伝いしてくれるかたも募集中です(汗)

facebook.com/TAPtheFUTURE
[PR]
by sendai-tap | 2013-10-16 22:49 | レッスン | Trackback | Comments(0)

レッスンメモ 2013-09-21

b0193841_18341149.jpg

今週はゲスト講師としてKTSの安達雄基先生が来てくれました。

前回から2年振りくらいだとか。そんなになるんですね。

いろいろな先生から学べるのもTAP the FUTUREのレッスンの一つの良さ。
いつもとはまたちょっと違った雰囲気の楽しいレッスンでした。

さてさて、Jazz Fesで基礎クラスのみんなが踊った「Hit the Road Jack」。
この振付を作ったのが雄基先生でした。

雄基先生ご自身、仙台の生徒が踊る「Hit the Road Jack」を見るのは初めてということで、夢の共演が実現。
b0193841_18414215.jpg

ちょっと素敵な時間でした。

是非、また来てください!


で、終わった後は、荒井先生の呼びかけで、オクトーバーフェストへ。雄基先生もごいっしょに。
b0193841_18452778.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2013-09-23 18:47 | レッスン | Trackback | Comments(1)

jazz Fesの舞台裏

b0193841_18113579.jpg

Jazz Fes本番前の様子を集めてみました。

まずは集合して丸くなって、みんな意気込みを一言ずつ!
b0193841_1824368.jpg


本番までは各自思い思いに最後の確認。小学生コンビも二人で練習してました。
b0193841_18172368.jpg


あの方も・・・
b0193841_18182080.jpg


こちらは初舞台の初心者チーム。気合い、入りまくりでした。
b0193841_18192178.jpg


4月に東京KTSに移籍(?)した藤尾さん、受験でお休み中のハルナちゃんも応援に駆けつけてくれました。

b0193841_18221855.jpg

b0193841_18244957.jpg

他にも友人・知人たちが大勢駆けつけてくれました。こういうのはほんとうにうれしいものです。

本番直前、ステージ上から見た様子です。
b0193841_18263314.jpg

さらに、公演中にもどんどんとお客さんが増えて・・・ Sammy 'Daiichiro' Jr.のMCの頃はこんな感じ。
b0193841_18265954.jpg


途中で小雨が降り出す中、今年もとてもたくさんの方が集まってくれました。
どうもありがとうございました!
[PR]
by sendai-tap | 2013-09-23 18:31 | レッスン | Trackback | Comments(0)


仙台出身の世界的タップダンサー熊谷和徳主宰Tap dance Art Project。東京のKaz Tap Studioより講師を招き、仙台で習えるリズムタップダンスワークショップレポートです。公式ホームページは最上部のロゴからどうぞ


by sendai-tap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
レッスン
Information
アウトリーチ
My Rhythm
その他
シリーズ よもやま話
未分類

最新の記事

旭丘小学校ワークショップ2日目
at 2017-06-14 16:24
旭丘小学校ワークショップ1日目
at 2017-06-13 14:53
熊谷和徳 公演開催 「打打打..
at 2017-05-23 10:00
熊谷和徳メディア出演情報 D..
at 2017-04-27 22:42
上原ひろみ×熊谷和徳 TOU..
at 2017-04-18 20:00

最新のコメント

apさま、ありがとうござ..
by sendai-tap at 22:42
高橋委員長さま 随分と..
by ap at 06:35
あ〜、私も残念ながら見れ..
by ap(仕事で行けなかった組2号) at 08:45
YouTubeの動画素敵..
by KY at 16:59
YouTubeでぽれぽれ..
by ap at 10:47

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

GOOD RHYTHM ...
TAPPERS RIOT...

タグ

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
アート・デザイン

画像一覧