<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レッスンレポート 2013-11-23

11月23日は勤労感謝の日。しかし、土曜日ではありがたみがありませんね。
お医者さんなどもお休みで、むしろ不便を感じる人も多いのでは。 もったいない・・・

と、ぼやきはこれくらいにして。

この日は、ビジターで2人の方が参加してくれました。なんとお二人とも外国の方!
ということで、TAP the FUTURE、いよいよもってInternationalな展開でした。

まず、初心者クラスに体験で来てくれたサユンさん。
この秋に韓国から仙台にやってきたばかりの留学生さんで、初心者クラス・よしだ丼のお友達です。
初挑戦のタップ、いかがでしたでしょうか?
b0193841_2125582.jpg


そして、もうおひと方は、お隣の福島から参加してくれたレイシーさんです。
日本に来て2年ほどになるそうです。
母国アメリカで長いことタップをやっておられたそうで、とてもクリーンできれいな音でした。
日本でも是非タップをやりたい、ということで今回参加してくれました。
福島でも南の方とのことで、遠路はるばるありがとうございました。
b0193841_21301321.jpg


さて、各クラスでは、2月の公演に向け演目の練習が始まっています。
各クラス、公演に向けて新作の振り付けに挑戦します。
b0193841_21392719.jpg

教える先生の側も準備が大変で、ムラッチ先生、荒井先生とも早めに来て準備してくれていました。
ちなみにパソコンの画面は一平先生の振り付け動画でした。

公演でしっかり自分の表現ができるよう、いい準備をしていきましょう。それでは、また!

b0193841_21521515.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2013-11-25 22:01 | レッスン | Trackback | Comments(0)

簡易タップシューズ 試作1号機

b0193841_023146.jpg

アウトリーチでは、お子さんたちの上履きやスニーカーなどに、家具固定用金具を養生テープで上から貼り付ける方法で、簡易タップシューズにしているのですが、このところすぐ取れてしまって困ってます。

お子さんの靴なので、強力な厚手の両面テープで貼り付けたり縫い付けたりはできません。

そこで、今回、試作品を作って、実際に自分で履いてテストしてみました。

いろんな足のサイズに対応するには、靴の上から履けるオーバーシューズタイプがいいだろう、ということで、ベースは工事現場の屋内作業などで使われるクツカバーを使ってみました。
b0193841_0234850.jpg

最近は不織布のものが多いのですが、ここはしっかりした綿素材のものをチョイス。
大人サイズのものなら職人さん御用達のお店で400円弱で入手可能です。
b0193841_0242178.jpg

あとは、やや大きめのL字とT字の金具を、それぞれ、つま先とかかとに縫い付けるだけ。
スニーカーに被せたら、ズレ防止のため、土踏まずまわりを養生テープでグルグル巻きにして完成。
b0193841_0244023.jpg

実際に履いてみての感想です。
金具が薄いので音は軽いカチャカチャという感じですが、シャッフルでもボールでも金具の音がでています(あたりまえか・・・)。
フリーサイズなので大きめですが、ズレなどは気になりません。

今回は試作品ということで裁縫用の木綿糸を使ったため、しばらくするとボール側はやはり切れてしまいました。
タコ糸も用意してあったのですが、それが通せる穴をもった縫い針がなく使えませんでした。

ビジュアル的には、ややボテボテ感がマイナス点ではあります。もともと作業用ですからね(^^;
お子さん視点ではどうなんでしょうね?
いちよううちのKidsに聞いてみましたが、ノーコメントでした(汗

ともあれ、いろいろやってみっぺ、ということで、次回はネットでお子様サイズのシューズカバーを手に入れて試作2号機を作る予定です。
2号機では、糸もタコ糸にして耐久性アップと行きたいところです。

アドバイス募集中です m( _ _ )m
[PR]
by sendai-tap | 2013-11-24 00:34 | アウトリーチ | Trackback | Comments(1)

タップ出前授業 吉成児童館に行ってきました!

b0193841_2144186.jpg

文化庁のアウトリーチ活動第2弾として、先週、11日の月曜日に吉成児童館に行ってきました。
児童館でのアウトリーチは、これまた初めての経験。このところずっと初物つづきです。

さて、板や音響機器の搬入で先乗りしたのですが、会場となるホールに入るなり、いきなり目に飛び込んできたのが冒頭の写真にある、壁の素敵なデコレーションでした。これはうれしかったです。

吉成児童館は、環状線沿いのイオン中山店すぐ近く。目の前にはあの中山観音がそびえ立っていました。
吉成市民センターに併設された複合施設で、お遊戯室のほか、立派な多目的ホールや落ち着いた和室などもありました。
仙台市内で最も高い場所だそうで寒いんです。特にこの日は相当に冷え込んだ日で風が冷たかったな。市街方向と反対側の斜面は雪でも降っていそうな雰囲気でした。
b0193841_21431455.jpg

壁のデコレーション以外にも、手書きのポスターなどいろいろと用意していただきました。

今回の出前授業。平日のお昼前だったので不思議だったのですが、学芸会の振替休校日だったんですね。さらに、市民センターの休館日と重なり多目的ホールを使えるということで、この日の開催となったそうです。

さて、「タップダンスであそんじゃおう」、まさにそんな楽しい時間になりました。

今回は、当日の飛び入りさんも合わせて25名の元気いっぱいの子供たちが参加してくれました。
小学校1年生から3年生までのお子さんたちが中心でした。

館長さんのご挨拶と紹介に続いて、早速、タップタイムの始まりです。

まずはタップダンスを観てもらおう、ということで、先生方のミニパフォーマンスから。
今回は、荒井先生と一平先生のほか、KTSからアンディさんと水野さんが駆けつけてくれました。
b0193841_2239724.jpg

間近で聞くタップダンスの「音」に思わず手で耳を塞ぐ子もいました。
ホントに座ってるすぐ前でのパフォーマンスでしたからね。
b0193841_22395012.jpg

そして、みんなもタップに挑戦。まずはウォーミングアップから。
なんですが、最初から思いっきり跳んでます。
b0193841_22461739.jpg

今回も、みんなの元気がよすぎて、養生テープで留めた金具がとれてしまう子が続出。
今回は壊れ方も激しく、養生テープがざっくり切れる、という感じでした。
3年生の子もいたので、パワーの違いもですが、シャッフルなど板に擦るように当てるステップなどいろいろトライしてくれたことも効いてたかな?

内容的には音を鳴らしながら歩いたり飛び跳ねたりから、基本ステップ、コール&レスポンスなどの流れで進みました。

中には、自発的に先生たちのステップを見よう見真似で練習している子もいました。
いきなりつま先立ちしている子も・・・ やわらかい上履きで大したものです。
b0193841_23094.jpg

終わりのほうでは恒例となりつつある「名前タップ」をみんなそれぞれ考えてみたりもしました。
最後にみんなの前で一人ずつご披露となったのですが、緊張してなかなかできない子もいました。
もうちょっと少人数でのご披露のがよかったかな?

今回も、子供たちの元気とパワーに押され気味になりつつも、楽しい時間を過ごすことができました。

児童館の方が最後の挨拶で、「子供たちが表現の幅を広げて新しい自分の表現方法をいろいろと見せてくれたように感じた」、というようなコメントをしてくれました。
関連すると思いますが、今回は、見たばかりのステップに自発的に挑戦したり、自分の好きなように踏んで表現を楽しんでいる子が多かったように思いました。

今回も、内容や進行、シューズのことなど課題はいろいろありました。こうした経験を積み重ね、毎回、少しずつでも良くしていきたいと思います。

吉成児童館の皆様、どうもありがとうございました。

次回は12月21日(土)に太白区の鹿野児童館にお邪魔する予定です。


おまけ:
b0193841_21575187.jpg

控え室に和室を使わせていただいたのですが、ここで座布団に座ってお茶などいただいていると、どこかの温泉旅館に合宿に来たような気分がしました。
TAP合宿なんてのもいいかもな・・・ なんて思わず思ってしまいました。 
ちなみに上の写真は簡易タップシューズ用の金具を整理しているところです。ジグソーパズルみたいですが

終わったあと、児童館の畑で栽培されたサツマイモで作ったデザートもいただきました。
素材の味がストレートに感じられとてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

おまけ2:
懐かしい方も遊びに来てくれました。ミキさんと娘さんです。参加予定でしたが娘さんが恥ずかしがってしまい残念。またね!
b0193841_0105424.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2013-11-21 23:42 | アウトリーチ | Trackback | Comments(0)

タップ出前授業 東二番丁小学校へ行ってきました!

b0193841_2123569.jpg

先月、10月22日に東二番丁小学校にタップダンスの出前授業に行ってきました!
レポートが遅くなってしまい申し訳ありません m(_ _)m

さて、気を取り直して・・・

今回は、東京からムラッチ先生、イノッチさん、そして、水野さんが駆けつけてくれました。

今回のタップ授業は、文化庁の「次代を担う子ども文化芸術体験事業」という枠組みでの活動です。
東日本大震災の復興支援のひとつとして実施されているプログラムだそうです。
すばらしいことですね。

宮城県では、(公財)仙台市市民文化事業団が窓口となり、TAP the FUTUREのような芸術活動団体と、文化・芸術体験を希望する学校や児童館などとの橋渡しをしてくれています。

今回は、東二番丁小学校さんがタップ授業に興味を持ち応募してくれて実現しました。

東二番丁小学校は、仙台市のど真ん中、東二番丁通と青葉通の交差点付近にあります。
明治6年に創立された歴史ある学校で、今年は140周年にあたります。
岩倉具視や木戸孝允など明治新政府の要人も訪れたことがあるそうです。

授業に参加してくれたのは、元気いっぱいの1年生と2年生、合わせて36名でした。

今回は、事業団さんにご協力いただき、レッスンで使っているコンパネ板を持ち込み、みんなに金具のついたシューズで音を出してもらうことにしました。
シューズは、前回のブログでも紹介しましたが、家具固定用金具を養生テープで貼り付けた即席タップシューズです。やっぱり音が出るのは楽しいですからね。

最初にみんなの上履きに金具を取り付けたのですが、付け終わった子は早速踏み始めてしまい、しかも元気いっぱいだったためか金具が取れてしまう子が続出(汗)
ということで、全員分を付け終わる前に、修理作業も始まってしまいましたがなんとか授業スタート。

まずはムラッチさん、荒井さん、イノッチさんに水野さんの4人によるデモンストレーションでタップを観てもらいました。初めて観る、という子も多く、みんな興味津々という感じでした。
b0193841_2154573.jpg

次に、ウォーミングアップ。やっぱり元気いいですね。
b0193841_2155033.jpg

体も暖まったところで、まずはボール・ヒールなど簡単な基本ステップ、さらに、それを使って音を鳴らしながら歩きまわったり、簡単なコール&レスポンス。
b0193841_21561457.jpg

少し慣れてきたところで、1年生と2年生に分かれて、簡単な振り付けに挑戦!
みんなで力を合わせて、コンパネ板も仲良く半ぶんこ。
b0193841_21591998.jpg

この日は、「名前タップ」をやりました。自分の名前に合わせて、ステップを考えます。
できたらみんなに披露。みんな、いろんなステップを考えてくれました。

2年生チームは、学校名にもステップをつけて最後に披露してくれました。

1年生、2年生それぞれ最後に、この日習ったり作ったりした振り付けを披露し合って授業終了。

みんな、すごい元気とパワーでがんばってくれました。
「金具が取れた~」と次から次へとやってきて、修理班は休む間もないほど大忙し。
b0193841_2291526.jpg

元気なみんなと一緒にタップしたな~、という感じで、とても楽しい時間でした。

東二番丁小学校のみんな、どうもありがとう!
b0193841_2211311.jpg

タップ授業の後、校長室にご挨拶に伺い、校長先生と少しお話させていただきました。

東二番丁小学校では、4年生から和太鼓を習い始め、毎年イベントの時に披露しているそうです。
和太鼓とタップ、いつか共演できたら素敵ですね。

学校関係者の皆様、また、打ち合わせや板運搬などサポートいただいた事業団の飯川さん、どうもありがとうございました。

アウトリーチ活動はまだまだ続きます。いろんなところにお邪魔して、元気なみんなとタップしたいな。


おまけ:
「タップダンス出前授業」 素敵なネーミングです。拝借してしまいました (^^;
b0193841_21233064.jpg

[PR]
by sendai-tap | 2013-11-07 22:41 | その他 | Trackback | Comments(1)

レッスンレポート 2013-11-02

b0193841_2146567.jpg

とうとう11月に入りました。今年も残り2ヶ月。本当に早いものです。
今週は、安達雄基先生が来てくれました。ほぼ月1回ペースで3回目の登場になります。
もうファミリーですね(笑)

さて、今週一番のトピックは、またまた新しい仲間が増えたことです。
それも、最年少記録を大幅に更新する、保育園(幼稚園?)の年長さんです。
基礎クラスのソウタロウ君の弟、ユヅキ君です。

実はユヅキ君、以前に、名取こどもミュージカルで行った出張ワークショップや、この春の無料体験レッスンに参加してくれていて、このブログでも紹介したことがあります。

その頃は、来春の小学校入学のときにはじめるかも、というような感じでしたが、「タップをやりたい」と気持ちが固まり、緊急スクランブル参加となりました。
参加希望の連絡も前日でしたからね(笑)

初日はシューズの準備が間に合わなかったので、出前授業などで使っている金具をテープで止めたシューズでの参加となりました。
(ちなみに冒頭の写真で、おとなりの長老様もめずらしいシューズですがそれは後ほど)

初心者クラスの他のみんなと一緒に基礎練習を終えた後、ジュンセイ君と2人、個別にShim Shamを練習しました。
ユヅキ君は今年2月の名取WSでShim Shamを一度練習してはいるのですが、それをかなり覚えていたのには正直、驚きました。
b0193841_22151513.jpg

歳の近いジュンセイ君と二人でいっしょに踏んだり、交代でトレードしながら踏んだりと、レッスン後半では初日とは思えない内容の練習になってました。
b0193841_22154721.jpg

雄基先生いわく、「動のジュンセイくん、静のユヅキくん」 
タップって個性がでるんですよね。特にお子さんは。

ジュンセイ君も、毎週、新しいパートに挑戦して順調にクリアしています。
振り付けに慣れてきて、打ち方もよくなっていると思います。
b0193841_22241722.jpg

b0193841_22211874.jpg

二人ともタップを踏んでいるときの集中したいい表情がとても印象的でした。
今後が楽しみです。
b0193841_22273991.jpg


おまけ:

今週は、タップシューズを忘れたツワモノが、なんと2人もいました!
「どこでも いつでも タップ君」とか言ってないで、よろしくお願いしますね、長老様。
ユヅキ君用に買ってきた金具の余りがあったからいいようなものの・・・
b0193841_22283956.jpg

ちなみに、出前授業などでは、L型とT型のとめ金具をそれぞれつま先とかかとに養生テープで貼り付けて、簡易タップシューズにしてます。
ただ、元気のいいお子さんなんかだとすぐ取れちゃうので改良策を検討してます(汗
[PR]
by sendai-tap | 2013-11-04 22:48 | レッスン | Trackback | Comments(0)


仙台出身の世界的タップダンサー熊谷和徳主宰Tap dance Art Project。東京のKaz Tap Studioより講師を招き、仙台で習えるリズムタップダンスワークショップレポートです。公式ホームページは最上部のロゴからどうぞ


by sendai-tap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
レッスン
Information
アウトリーチ
My Rhythm
その他
シリーズ よもやま話
ジャズフェス
未分類

最新の記事

第27回 定禅寺ストリートジ..
at 2017-08-13 13:00
MY RHYTHM 2017..
at 2017-08-13 10:00
TAP the FUTURE..
at 2017-08-07 21:00
熊谷和徳 TAP DANCE..
at 2017-07-31 10:00
「打打打団 天鼓×熊谷和徳&..
at 2017-07-26 10:00

最新のコメント

apさま、ありがとうござ..
by sendai-tap at 22:42
高橋委員長さま 随分と..
by ap at 06:35
あ〜、私も残念ながら見れ..
by ap(仕事で行けなかった組2号) at 08:45
YouTubeの動画素敵..
by KY at 16:59
YouTubeでぽれぽれ..
by ap at 10:47

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

GOOD RHYTHM ...
TAPPERS RIOT...

タグ

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
アート・デザイン

画像一覧