人気ブログランキング |

TAPは音楽、TAPはアート、TAPは会話 熊谷和徳

仙台より帰宅。帰りの電車で、隣に座った男の方に話しかけられ、「父親がタップをやっている」ということ。なんだか、繋がりをかんじてうれしかった。

今日の仙台のレッスンもとても楽しかったです。初心者にもひさしぶりにお会いできた方々もいて嬉しかったです。
KIDSたちはめきめきと上達して、もう『こどもだから』というのは超えて、これからはもっとひとりひとりをよりダンサーとしてみていけるようなきがしています。
こどもたちが踊っている曲は僕と荒井が16歳のときに発表会ではじめて踊った曲です。
それを今おしえること、そして見てることにも繋がりを感じます。

そして基礎クラスでは、カウントの数え方、音楽的な音符をアクセントとして踏む練習をしましたが、
これは難しかったとおもいます。(あとで荒井にすこしづつゆっくりやたほうがいいと注意されました。。)
いつも、自分のなかで教えたいことが溢れて、もっともっとという気持ちが強くでてしまいます。
もっとこのへんはじっくりゆっくり、これからやっていけたらと思います。

そして最後のクラスではOPUSという振りをやっていますが、これはハロルドクローマーというtap masterの振りで、おそらく1930〜40年代くらいのコレオグラフィーです。

ハロルドは今でも現役で教えたりしていますが、ハロルドはいつもタップの音楽性、そしてダンス的な身体の動きというところを強く教えてくれます。

日本でタップを教えていると、生徒達はタップのステップを記憶することに重点をおきがちだと思います。それはそれで良いことですが、タップという音楽を奏でる。
基礎を学んだら、それをつかって自分なりに『音』を表現する。ということがとても大事におもいます。その表現に到達するまでに、ボキャブラリーや身体の使い方や、リズムの基礎を身につけていくわけです。その一歩一歩を一緒に創っていくことができればと思います。

今日は子ども達のタップノートを家にもって帰って見ていますが、
みんながもっとうまくなりたいという気持ちをビシビシと感じて、自分も頑張ってみんなに伝えていこうとおもいます!

つぎは大人達のノート!次週あずかります!

b0193841_1215194.jpg
by sendai-tap | 2010-11-14 01:20


仙台出身の世界的タップダンサー熊谷和徳主宰Tap dance Art Project。東京のKaz Tap Studioより講師を招き、仙台で習えるリズムタップダンスワークショップレポートです。公式ホームページは最上部のロゴからどうぞ


by sendai-tap

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
レッスン
Information
アウトリーチ
My Rhythm
その他
シリーズ よもやま話
ジャズフェス
未分類

最新の記事

アウトリーチレポート No...
at 2018-11-21 15:33
勾当台公園ライブラリーパーク..
at 2018-10-29 19:01
アウトリーチレポート2018..
at 2018-10-26 15:05
第28回定禅寺ストリートジャ..
at 2018-09-14 13:20
第28回定禅寺ストリートジャ..
at 2018-08-28 12:21

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

GOOD RHYTHM ...
TAPPERS RIOT...

タグ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
アート・デザイン

画像一覧